2006年03月16日

 昨日も、植木業者さんのところに、視察行ってまいりました。
さすがに1年のうちで一番たくさんの種類の木が出揃うシーズン、数週間前に
訪問した時には見なかった木が、あっちにも、こっちにも・・・お客様のプランを
作るために、良い材料を探しに訪問するわけですが、こんな沢山の植物に囲まれる
と、個人的な思いとしては、「充電」という感じです。癒されます。ほっとします。
気分が穏やかになり、くつろぎます。

 背の高い木ばかりでなく、グランドカバーにできるような低木、新しい品種、
見たこともない珍しい品種・・・
「は〜...こんな綺麗な品種があったんだ!」と、しばし仕事を忘れて、
見とれてしまうのです。あれも!これも!・・・と気に入ったものは全部、自分で
植えてみたくなってしまうのです。
 我に帰って、仕事モードに戻ると、「○○様の庭には、これを入れると良いに
プランになるな!」と、お客様の庭に植えた時も想像するのです。ピンときたら
情報収集。いつもお世話になっている担当者から、詳しい情報を聞きまくります。
樹高、葉張り、樹形、他の季節の雰囲気、耐寒性、耐暑性、耐病性、虫の付き方、
花、実、仕立て方、管理方法・・・ありとあらゆる情報をお聞きします。
(予告していた和風庭園の話は次回以降ですね・・・)

 今日の写真は、お客様のお庭でメンテナンス作業中に撮ったものです。
皆様ご存知ですか?木の幹の色(木肌の色は、季節で少しずつ変化します。その中で
特に綺麗なのが、カツラの木です。グレーに近い色だった木肌なのですが、春の新芽
の時期になると、木全体がうっすら赤く色付くのです。赤い花が咲くわけでもないの
に不思議です。カツラの木肌が色付いているのを見て、ますます春を実感しました。

カツラの木肌

カツラの木肌

ジューンベリーの新芽

ジューンベリーの新芽

紫色のミニアイリス

紫色のミニアイリス




WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 16:18│コメント(0)トラックバック(0)

2006年03月11日

 遠方での仕事があり、しばらく留守にしていました。

出発前には、頭だけ出していた球根達ですが、帰ってきた見てみると、
球根を植えてあった場所は、まるで「緑の広場」「緑の道」・・・という感じに!
数日見ない間に、植物はすくすくと育っているのです。数日後には、
「花の広場」「花の道」になるのでしょう。今から楽しみです。その一角に、
なぜかミニアイリスだけ、それも黄色の品種だけ、満開になっていました。

 次回は、出張先で見た和風庭園の素晴らしさについて、書こうと思っています。
洋風庭園が専門の私ですが、非常に感激した経験でした。

黄色のミニアイリス

黄色のミニアイリス

WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 16:16│コメント(0)トラックバック(0)

2006年03月05日

 またまたお久しぶりでございます。
プラン作成に追われております。現地調査後、お待たせしている皆様、
申し訳ございません。

 日当たりが悪い庭のプランも難しいですが、日当たりが抜群に良い庭のプランも、
難しいものです。「日当たりが良い場所が最適」と書いてある花でも、この地域で、夏の高温多湿に耐えることができるかは、考えるところです。ガイドに書いてある
ような、「日当たりが良いが、落葉樹の木陰で西日を防げる場所・・・」
そんなベストな場所は、なかなか無いものです。こういった部分で、生の情報を
ご提供できるか!?大事にしています。各お庭の条件を考慮しながら、デザイン性と
実用性も加味していく。何度やっても、考えどころです。安易にエクステリア製品を
使ったり、どこにでもあるような、ありきたりの植物に逃げたくはないですし!

 植物を中心にした庭作り、デザイン性や実用性も考慮して、どれだけお客様に
喜んで頂けるか!今日も考えています。「う〜ん...」と唸っている毎日ですが、球根や宿根草の、春の芽吹きに、心が和みます。

椿の花びらの下から、ホスタの芽吹きです!

椿の花びらの下から、ホスタの芽吹きです!


WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 15:28│コメント(0)トラックバック(0)

2006年02月27日

お久しぶりでございます。ここ数日、お問い合わせ頂いたお客様の、現地調査が
続いておりました。漠然とした不安がある中、お電話頂いたお客様には、心より
感謝しております。ありがとうございます。
プランをお持ちして、お客様とお話していく中で、うれしい言葉を沢山頂き
ました。
「管理がし易い植物が中心で、良いですね!」
「その場所に合わせて植物を選んでくれて、気に入りました!」など。
このように、フラワーデイズの考え方に共感して頂けるのは、大変うれしいこと
です。
 しかし、そういった声の原因となっているのが、家を建てた時に既に植えてあった
植物のようで、微妙な気持ちになります。
「なんで、こういった洋風の外観なのに、○○○なんて植えるの!?」
「こんな狭い所に植えてあって、邪魔なので抜いてしまいたい!」
「みすぼらしくて、いかにも、『とりあえず植えておきました・・・』って
いう感じ!」といったことを、おっしゃるのです。
 たしかに、住宅会社の一般的な考え方は、「建物ありき・・・」なので、
庭木など植物は後回しで、「いかに安く済ませるか!?」という考えしかない
ようです。そんな住宅現場を見るたびに、「とてもプロの仕事には思えない・・・」
と、悲しい気持ちになってしまうのが、私の正直な思いです。
植物のプロなら、お客様が喜ぶように、植物を植えるべき!・・・
フラワーデイズは目指します。

WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 15:18│コメント(0)トラックバック(0)

2006年02月22日

 2006年2月22日    一目惚れ!

  植木業者さんのところに、視察行ってまいりました。お客様に「一味違う!」「他とは違う!満足!」と思って
 頂けるよう、私も研究・情報収集の毎日なのです。

  入ってすぐの場所に、何やら見慣れない常緑低木を発見!近付いてよく見ると・・・
 「きれい!美しい!鮮やか!言葉にできない!」ヒイラギの色変わり系統ですが、今までに見たことがない品種
 でした。鮮やかなグリーンに、クリーム色の斑入り、話を聞いてみると、新芽は淡いピンク色とのこと。仲良くして
 頂いているこの業者さんは、「日本中ここでしか見つからない!」物によっては「世界中でここだけ!」なんていう
 品種も売っている、そんなところなのです。めずらしいだけでなく、苗の状態も良いので、安心できます。

  更に話を聞いてみると、この品種の苗木は、現在ほとんど存在していないそうで、生産者さんもお一人だけの
 ようです。まさに一目惚れ!この木を植えるのに適した場所があるお客様には、ご紹介していきますね!

一目惚れ植物

一目惚れの植物






WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 21:23│コメント(0)トラックバック(0)