2006年02月17日

 「球根の芽が出てきました!」お客様からご報告頂きました。
その庭は、南向き、落葉樹の根元、北西風が当たらない・・・、という理想的な
環境なので、芽だしも早いようです。ところが、うちの庭でも出ていました!
 ミニアイリスの芽が出ていました。冬に逆戻りの陽気ですが、春はもうそこです。

  フラワーデイズの考えについて、補足説明を続けます。

   植物には2種類のタイプ
  「庭作り」のページも書いてございますが、フラワーデイズでは、それぞれの庭の条件に合った宿根草と木を中心にして、そこに球根や一年草をブレンドしていきます。造園(庭作り)する以上、私共が扱う植物は、地植えできる種類です。

  もう1タイプの植物とは・・・インテリア小物やエクステリア小物に近い
(工業的な装飾品)種類です。この時期になると毎年、色とりどりの花が売られます。
多くのご家庭で、そういった植物を植えるわけですが、次のシーズンまで残るものは、ほとんどありません。タイプとしては、お花屋さんに売っている切花に近いかも
しれません。また、クリスマス飾りやバレンタインデーような、年中行事に近いかもしれません。
 そういった鉢物植物もまた一つ別の楽しみ方です。
 (フラワーデイズは庭作りを専門としているので、この種類は使いません。)
 
   悲しいかな・・・
 残念なことは、「知らない」「情報がない」ために、そういった切花のような楽しみ方をする植物を、庭作りに使っている方々が、あまりに多いことです。たとえ、店員さんに「多年草(宿根草)です」と言われても、ラベルにも書いてあっても、地植えには向かない品種があります。それを、休日にご家族で、丁寧に和気あいあいと植えている姿を見ると、私は本当に悲しいような、虚しい、助けてあげたい気持ちになります。

  お気持ち、すごく理解できるのです。色とりどりの綺麗なお花をつけて売っていれば、ついつい買ってしまいますよね!でも、外はまだ寒い。早いところでやっと球根の芽が出始めたばかりの時期、花が付いて売っているチューリップ・・・ヘンだと思いませんか?他にも、花が弱るはずの真夏に、ヨーロッパ原産の植物が花を勢い良く咲かせていたり・・・

 繰り返しになりますが、フラワーデイズで扱う植物は、地植えに適した植物です。


★「フラワーデイズ」は、植物を専門にした新しいタイプの造園屋です。
 「庭」にこだわり、「植物」にこだわり、「地植え」にこだわります。
 「気軽に声をかけることができる」新しいタイプの作庭ガーデンニングお助け屋!
 詳しくはこちらのホームページへ!→ http://flower-days.com/



WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 21:21│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字