2006年02月20日

 土曜から続いていた作業が終了しました。2回目のお客様ですが、今回は玄関前スペースの作業が
中心。どの季節も緑を楽しめるよう、常緑植物を中心にしながら、一工夫、二工夫・・。日陰で暗くなりがちなスペースが、見事に明るく変身しました!

  フラワーデイズの考えについて、補足説明を続けます。

   前回までのまとめ
  (1)では、
 「大切な庭ですから、大切に、慎重に、庭作りを追求したいですね!」
 「庭を憩いの空間にするために、植物を中心にした庭作りをします!」
  (2)では、
 「庭付きの一戸建て住宅でないとできないのが、地植え!」
 「流行や売る側の事情に流されず、地植えに適した植物を扱います!」
 といった事を書いてきました。

   古い庭文化にとらわれず・・・
  木を嫌いになってしまったり、植物中心の庭作りを嫌がる方々がいる原因は、
古い庭作りの考え方にあるようです。

  例えば、庭や室内まで暗くなるほどの垣根(生垣)・・・こういう庭作りを私は、「囲い文化」「お屋敷文化」と表現します。つまり、「一戸建て住宅」=「広大な敷地をもったお屋敷」という古い時代の名残、ということです。
 最近の住宅では、高い生垣が似合うような、広い土地をもったお屋敷は、めったにありません。こんな事をしても、管理が大変なだけです。

  また、建て売り分譲住宅で多いケースが、入居時には既に植えてあった木。しかし、植えてある位置が、どう考えても、1年に数回の剪定を必要とする場所なのです。これでは、少しでも大きくなったら管理が大変です。
 これも古い考えです。

  フラワーデイズでお薦めするのは、現在の住宅事情に合っている、そして、各ご家庭の好みに合った、管理が大変でない、そういった植物を中心とした庭作りです。
 「穏やかな、癒しの庭が欲しい!」でも「忙しくて、管理の自信がない!」・・・
 そういった2つの希望をかなえるため、日々、研究の毎日なのです。

   最後に・・・
  「知っている」とか「得意」とか、そういったことを抜きにして、「植物を使った庭作りをしたい!」と考えていらっしゃる皆様は、ご遠慮なくお声をおかけ下さい!フラワーデイズは「気軽に声をかけることができる造園屋」です。
 皆様が不安に思っているイメージとは、全く異なる、フレンドリーで新しいイメージに、ご納得頂けるはずです。

★「フラワーデイズ」は、植物を専門にした新しいタイプの造園屋です。
 「庭」にこだわり、「植物」にこだわり、「地植え」にこだわります。
 「気軽に声をかけることができる」新しいタイプの作庭ガーデンニングお助け屋!
 詳しくはこちらのホームページへ!→ http://flower-days.com/




WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 21:23│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字