2013年02月22日

ご訪問ありがとうございます!
ナチュラルな外構・庭を、オーダーメイドでデザイン&現場で手づくり。
自然素材と植物が大好き!埼玉県のガーデンハーモニー
箕輪WAWAWA直明です。


「ブログ村」と「ブログランキング」に参加中
     にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ 人気ブログランキングへ
よろしければ、各1回ずつクリックで、応援投票お願いします!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
津波が襲ってきた、“まさにその時”まで、
1人1人の人生が、確かにそこに存在していたんですね。


読んだ方も多いと思います。
2月21日の読売新聞
『大丈夫? 私たちは避難中』

指定避難所だった市民会館は、3階建ての建物。
避難してきた人達、誘導・案内していた市職人の皆さん、
家族を心配していたご自身が、その数分後に、津波にのまれてしまいます。

私達は、全力で生きなければいけません。
あらためて、そう思います。


期日が来ると、リンク先の記事は削除されてしまうでしょうから、
下に転載させて頂きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市で、多くの犠牲者を出した市民会館の解体作業が始まり、犠牲者の物とみられる遺品が相次いで見つかっている。

 遺品の中には、家族の無事を案じて送信したメールが残ったままの携帯電話も。震災から2年を前に思いがけず遺品を受け取った遺族らは、「生き残ったみんなで頑張ってというメッセージだと思う」と涙を流した。

 市民会館は市役所向かいにあり、市の指定避難所になっていた。3階建ての建物は津波にのまれ、避難したとみられる約70人の市民や市職員が犠牲となった。

 解体工事は17日から始まり、館内では携帯電話やカメラ、時計などが見つかっている。今月10日頃には、工事の準備で館内のがれきを片づけていた作業員の男性(53)が入り口付近で携帯電話を発見。浸水したはずだが、防水機能が付いており、電源が入った。

 携帯電話の持ち主は、同市の課長補佐だった福田晃子(こうこ)さん(当時53歳)だった。画面には、避難する際に家族の安否を気遣って送信したメールが残されていた。

 津波が到達する3分前の2011年3月11日午後3時22分、晃子さんは夫の利喜さん(54)に「大丈夫? 私たちは(市役所前の)館のおき(沖)公園に避難中」と知らせるメールを送信。同3時には次女有里さん(24)にも「大丈夫?」とだけ記したメールを送り、同21分には電話をかけた履歴も残されていた。

 携帯電話を受け取った晃子さんの父・金沢善郎さん(82)と母・雅子さん(78)は「この電話には娘の魂が残っている」と言い、電話を握りしめた。善郎さんは「毎年、私の誕生日にはゴルフウエアや靴下をプレゼントしてくれた」と優しかった娘を思い出し、涙を浮かべた。

2013年2月21日08時19分  読売新聞)


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
「ブログ村」と「ブログランキング」に参加中 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ 人気ブログランキングへ
よろしければ、各1回ずつクリックで、応援投票お願いします!


大震災を経て、私が決意したこと、
それは、「働く」ことの意味。

助けたい人がいる時に、助けることができる人間力。
助けたい人がいる時に、助けることができる経済力。

当たり前の毎日を、「当たり前」と思わずに、
ニコニコ笑顔で届けよう!ニコニコ笑顔を振りまこう!

ありがとう〜!ありがとう〜!!ありがとう〜!!

今日も明日も明後日も、あなたと、あなたの大切な人が、
穏やかな時間を過ごせますように。


WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 21:57│コメント(0)トラックバック(0)東日本大震災(東北地方太平洋沖地震) │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字