2014年10月09日

ご訪問ありがとうございます!
ナチュラルな外構・庭を、オーダーメイドでデザイン&現場で手づくり。
自然素材と植物が大好き!埼玉県のガーデンハーモニー
箕輪WAWAWA直明です。


「ブログ村」と「ブログランキング」に参加中
     にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ 人気ブログランキングへ
よろしければ、各1回ずつクリックで、応援投票お願いします!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
「日本人研究者3名にノーベル物理学賞」

青色LEDの研究成果ですね。
昨日の新聞やTVニュースで、大きく出ていました。


その中で、中村修二さん。

平成の初めに、実用レベルの明るい青色LEDを開発して、
「ノーベル賞に一番近い人」と言われ続けていた人です。
“今さら?感”はありますが、ノーベル賞ってそういうものなんでしょう。


さて、なぜ中村教授だけピックアップしたか?

それは、
私の人生が、中村教授の本を読んだことで変わったから。
 ・・と言って過言じゃないと思うくらい、影響を受けたからです。


組織に上手に順応するのが得意だった、
そんな会社人生をやめて、自分で仕事を始めた頃。

勤めていた時には、心の奥の奥、ず〜っと奥に押し込んでいた
自分のもう一面を、「もっと表に出してイイんだ〜!」と、
教えてもらった本です。

簡単に言えば、、
「好きなことやってイイんだよ!」・・ということ。

今の、「自由に好きなことやっている私」しか知らない人からしたら、
信じられないかもしれませんが、私は正反対の人間でした。

「こうじゃないと!」「こうあるべき!」「こうするもんだ!」
そんな呪縛を解いてくれた本、だったんです。


熱い理系人が書いた本で、やや好戦的な本なので、
独特の文体にイライラきたり、
今ドキ言葉でいえば、「ウザイ」と感じる場面も多いかもしれません。

でも、終始一貫した「好きなことをやる」というメッセージ。
あの頃の自分には、強烈に響いてきました。

当時、独り旅の電車の中で読んでいたの、思い出します。

ちなみに、これを読んで準備運動した後に、
イチロー本を読むと、スッと心に入ってきます。

日本の教育、これでいいのか?
 ・・って、疑問に感じ始めるかもしれません。


中村修二さんの本ですが、
ほぼ同じ内容で、子供用(?)に平易な文章で書かれた本もあります。


こんなことを思い出した、ノーベル物理学賞の報道でした。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐この記事ここまで。ありがとうございました。‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

大震災を経て、私が決意したこと、
それは、「働く」ことの意味。
助けたい人がいる時に、助けることができる力をつけること。

今日も明日も明後日も、あなたと、あなたの大切な人が、
穏やかな時間を過ごせますように。
ありがとうございます。



WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 14:48│コメント(0)トラックバック(0)本・情報・言葉・勉強会・テレビなど │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字