2014年10月13日

ご訪問ありがとうございます!
ナチュラルな外構・庭を、オーダーメイドでデザイン&現場で手づくり。
自然素材と植物が大好き!埼玉県のガーデンハーモニー
箕輪WAWAWA直明です。


「ブログ村」と「ブログランキング」に参加中
     にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ 人気ブログランキングへ
よろしければ、各1回ずつクリックで、応援投票お願いします!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
三郷市で進行中の、この現場。
お客様のご希望を要約するとしたら・・・

「森っぽいナチュラルだけど、シンプル・スマート・スッキリな外構・庭を目指して」

といった言葉になるでしょうか。

先週からは、見える部分メインの作業だったので、
だいぶ完成に近づいてきた・・ような気がします。

101石畳アプローチで、
石が張り終わり・・・



102骨の折れる「お疲れ様〜!」な
目地詰めの作業を経て・・・




前回の記事『さっそくウッドデッキから見学会』でも書きましたが、
主庭ではウッドデッキが完成して・・・

103ここまで来ました。

あとは、
土間コンクリートと植栽ですね。


植物が入ると、だい〜ぶ変わるはずです。
植栽で、ガラリと雰囲気が変わるはずです。
楽しみ〜


でも、この現場のはじめの方でも書きましたが、
植栽作業の前には、大きな壁が!

この造成地は、田んぼだった場所にガラ混じりの土が客土され、
その上の表層部に、赤土が客土されていました。

せっかく植栽用の土に入れ替えたのですが、
まるで、コンクリート地盤の上に植栽用土が乗っかっているような状態で、
雨降りの後は、スゴイんですよ〜

ほんとスゴイんです。
ドロドロ底無し沼・・みたいな。

職人も私も、底無し沼にはまりかけました。
膝まで埋まって、靴と靴下を近くまで買いにいったくらいですから。

201そこで、考えに考え抜き、
今回は、さらに土に手を加えました。

見えない部分でも、いろいろ手を打ちました。

できることなら、排水を助ける管を庭に張り巡らせたいのですが、
この状態からは現実的ではないので、あの手この手・・を繰り出すしかありません。


ところで、ある信頼ある人が、
道路側からの写真と下の写真を見比べながら、一言。

004この外構・庭は、
外から見ると、けっこうクローズな感じなのに、
中から見ると、開放的な感じですね。

うれしい言葉です!

毎度ですが、お客様がうらやましい!
この外構・庭、ちょーだい!

 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐この記事ここまで。ありがとうございました。‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

大震災を経て、私が決意したこと、
それは、「働く」ことの意味。
助けたい人がいる時に、助けることができる力をつけること。

今日も明日も明後日も、あなたと、あなたの大切な人が、
穏やかな時間を過ごせますように。
ありがとうございます。



WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 17:05│コメント(0)トラックバック(0)現場での日々・職人 | 自然素材・素材

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字