2018年10月05日

ナチュラルな外構と庭のデザイン・施工 ガーデンハーモニー(埼玉県)
植物と自然素材が大好き! 箕輪WAWAWA直明です。
ご訪問ありがとうございます!
−−−−−−−この記事ここから−−−−−−−

だいぶ空いてしまいましたが
前回の記事で書いた

天然木たっぷり!
本物自然素材で家族の庭【埼玉県入間市】


植栽前まで進んでいます。

KIMG3974この後、植物が入れば
もう少し優しい雰囲気に
なるはずです。


今回は、屋根材の取り付けはせず
アウトドアが趣味のお客さんがご自身で
タープ(日除けの布)をかけます。

もちろん、タープについても調べて
お客さんに情報提供しております。


KIMG4124この後、正面には
アンティークレンガの
植栽スペースを。


ここでポイント!

庭の地中に浸み込んだ水は
低い方(道路側)に向けて地中を移動します。

でも、現代の一般的な住環境ですと
U字溝や道路の舗装がありますので
流れてきた水は、道路際でストップ。

道路際の地中には、停滞水が溜まります。
そこにレンガ等で構造物をつくれば
さらに水の流れが悪くなります。

「水の流れが悪くなる
 =空気の流れも悪くなる」・・・です。

アスファルトやコンクリート舗装からの
強い照り返しなども相まって
道路際って、植物にとって厳しい環境なんです。

こういった仕組みを理解すると
おのずと、何かしら植物に対してケアが必要
になること、想像つきますね!

見えない部分になりますが
工事の時点で、しっかりケアしないと!


KIMG4006これが反対側
取り外し可能なので
床下に収納できます。


ちなみに、この取り外し部分
私は、何かしらの金物を使う予定でした。

が、木工事の職人(大工)が
「大工ならでは!」の技術とアイディアで
金物を使わず対応してくれました。

毎度、驚きと感謝です。



KIMG3791これが
木工事が始まる前



大きく変わりました。

この後、植栽が入って
さらにガーデンハーモニーらしく変身します。
他のリフォーム部分も、近いうちにUPしますね!


あっと〜
大切なことを書き忘れていました。

今回使用した木材は塗装材ですが
色が、輸入のハードウッドのように見えます。

でも、いつも通り
使用しているのは国産材です。

木材を使う時には、産地も考える。
それだけで、環境問題へのあなたの姿勢を
表現することになります。

新しい記事は、下記ブログで書いています。
 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「ブログ村」「ブログランキング」に参加中

応援投票お願いします!(各1回クリック)

〜この記事ここまで。Thank You!〜



大震災を経て、私が決意したこと
それは、「働く」ことの意味。
助けたい人がいる時に、助けることができる
そんな力をつけること。

今日も、明日も、明後日も、
あなたと、あなたの大切な人が
穏やかな時間を過ごせますように。

ありがとうございます。



WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 16:54│コメント(0)現場での日々・職人 | 自然素材・素材

コメントする

名前
 
  絵文字