2018年10月07日

ナチュラルな外構と庭のデザイン・施工 ガーデンハーモニー(埼玉県)
植物と自然素材が大好き! 箕輪WAWAWA直明です。
ご訪問ありがとうございます!
−−−−−−−この記事ここから−−−−−−−

本題まで進まず休憩入りした
前の記事『ゴミの上の不思議なエリア』の続き。

というか、こっちが本題ね(笑)


中央防波堤内側埋立地での
ウッドチップ舗装の工事。

KIMG4275あるイベント会場での
通路になるそうです。




KIMG4219配合や混ぜる時間など
どこの現場でも同じように
説明しますが・・・


施工会社さんごとに、個性が出るものです。
オモシロイことですし、勉強になります。
何度やっても、新たに得るものがあります。


KIMG4241何回か雨が降れば
ウッドチップが見えてきて
イイ質感になります。


骨材(砂・土)は
こちらからある程度の条件を提示し
施工会社さんにご準備いただきます。

その骨材の違いで、質感が変わります。
これがオモシロイ!

前回の施工指導が淡路島だったのですが
関西と関東では、砂系骨材が全く異なるので
仕上がりの質感に変化が出ます。

他にはない
「100%天然素材のウッドチップ舗装」
だからこその面白さです。

加水量も調整が必要なので
同じ作業であっても、毎回気を使います。


KIMG4135素晴らしい施工会社さんの
働きによって、今回も
充実した現場になっています。



休憩中、ふらふら散歩。

KIMG4132こっち側は
オリンピック会場の工事
だと思います。



KIMG4235車のシートを倒して
木々を見上げます。

ゴミを埋め立てた場所
であることを忘れてしまいます。





ゴミを埋め立てた場所に植えた木だからって
ゴミのような木になるわけではありません。

木はいつだって同じ。

あらためて感じます。
スゴイやつだな〜
木は偉大です。


私は、最終日にもう1回現場入りします。

新しい記事は、下記ブログで書いています。
 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「ブログ村」「ブログランキング」に参加中

応援投票お願いします!(各1回クリック)

〜この記事ここまで。Thank You!〜



大震災を経て、私が決意したこと
それは、「働く」ことの意味。
助けたい人がいる時に、助けることができる
そんな力をつけること。

今日も、明日も、明後日も、
あなたと、あなたの大切な人が
穏やかな時間を過ごせますように。

ありがとうございます。



WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 07:33│コメント(0)ウッドチップ舗装の仕事(100%自然素材の工法) │

コメントする

名前
 
  絵文字