2019年02月13日

ナチュラルな外構と庭のデザイン・施工 ガーデンハーモニー(埼玉県)
植物と自然素材が大好き! 箕輪WAWAWA直明です。
ご訪問ありがとうございます!
−−−−−−−この記事ここから−−−−−−−

自然環境に関すること
植物のこと、外構・庭のこと・・・

やっぱり、いつでも気になってしまいます。
移動中も、ロビンの散歩中も
完全なプライベートでの外出中でも。

KIMG5245いつもながら
悲しい光景だよね〜



どうせ、こんなに切っちゃうなら
はじめから植えなければいいのに。

落ち葉がどうの・・・
虫がどうの・・・

この、あまりに窮屈すぎる社会が
もっと寛容で、心の余裕ある社会になりますように。


KIMG5243市役所前の広場

お掃除担当者さんの
まめなお仕事ぶりで
いつもキレイ。

頭が下がります。
ありがとうございます。


でも、落ち葉は地表を覆ったまま
そのまま残しておいてほしいです。

諸事情により、それがどうしても難しいなら
どこかに穴を掘って、堆積させるなど・・・
いずれにしても、落ち葉は捨てないで!

木が日の光を浴びて、光合成する。
地下から栄養分を吸い上げ、育っていく。
その産物を、燃やして二酸化炭素に変える。

日本全国、津々浦々
莫大な量の落ち葉が燃やされる。
つまり、莫大な量の二酸化炭素を作り出す。

ヘンでしょ!それ。


落ち葉をそのままにしておけば、土に還る。
また木の栄養になる。
木はバンザイ\(^o^)/

落ち葉が地表を覆ったままにしておけば
地表部の乾燥を防いでくれます。
 ↓
異常気象のなか、激しい温度変化があっても
その影響を和らげ、地温を安定させます。
 ↓
地中の微生物はバンザイ\(^o^)/
 ↓
木が元気になる。
 ↓
病害虫になりにくくなる。
 ↓
薬品散布なんてしないでOKなので
管理のコストが減る。
 ↓
近くを歩く人は、心地よい。
財政を圧迫しない。
 ↓
市民は喜ぶ。
 ↓
それが広がれば、日本中が過ごしやすくなる。
 ↓
良いものは、世界に広がる。


なんかステキじゃないですか!
イイことは単純なはず。
 
落ち葉を燃やすのは、焼き芋の時だけね〜(笑)

新しい記事は、下記ブログで書いています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「ブログ村」「ブログランキング」に参加中

応援投票お願いします!(各1回クリック)

〜この記事ここまで。Thank You!〜



大震災を経て、私が決意したこと
それは、「働く」ことの意味。
助けたい人がいる時に、助けることができる
そんな力をつけること。

今日も、明日も、明後日も、
あなたと、あなたの大切な人が
穏やかな時間を過ごせますように。

ありがとうございます。



WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 14:15│コメント(0)日々雑記・息抜き | 社会貢献・環境・生態系・森は海の恋人

コメントする

名前
 
  絵文字