2019年03月07日

ナチュラルな外構と庭のデザイン・施工 ガーデンハーモニー(埼玉県)
植物と自然素材が大好き! 箕輪WAWAWA直明です。
ご訪問ありがとうございます!
−−−−−−−この記事ここから−−−−−−−

昨日アップした
天然木を使った、あたたかみのある
バリアフリー外構・庭の事例(施工中)

ご覧になりましたか?
→『バリアフリー外構・庭だって、いつも通り天然木です

こういう実際の経験って「大切だな〜」
と感じながら、楽しく仕事しております。


この分野で専門にやっていますので
基本的な知識は、「頭で」知っています。

「車椅子で介助無しということは
 勾配は・・・%までだな〜」

とか

「手動の車椅子ということは
 幅は・・・ミリ位あればOKだな〜」

とか、そういう知識です。


でも、今回の打ち合わせ中
実際に車椅子を利用しているお客さんに
ヒアリングを重ねていくと

「頭での」知識以外に
いろいろ、必要な情報があるんですよね。

そりゃそうですよね。
車椅子利用者の年齢・性別・体力・運動能力・・・
全て同じというわけがないのですから。

公共スペースとは違いますからね
「万人受け」を考えると、際限なくなり
その結果、「個」でのフィット感はなくなります。


部屋の中で、実際に障害物を置いて
何度も実走して、幅を確認したり。

前に住んでいたマンションで
何ヶ所かのスロープの勾配を実測した後
車椅子で実走してもらい、感想をもらったり。

そういう共同作業をやってきたから
見つけることができた数字
まさに「生の」バリアフリー情報

大切だな〜と実感しました。


語弊を恐れず書くと・・・

正直「面倒くさい」という感想は
全くのゼロでした。ホントに。

しっくりくる言葉が見つからないのですが
「楽しかったな〜」というのが
この経験の感想として、一番近い言葉ですね。


バリアフリー外構・庭という分野は
完全オリジナル&オーダーメイドでやっている
ガーデンハーモニーに、合うのかもしれません。

新たな発見です。

とはいっても
自然素材によるナチュラル感あるもの
でなければ、うちはやりませんが・・・

新しい記事は、下記ブログで書いています。
 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「ブログ村」「ブログランキング」に参加中

応援投票お願いします!(各1回クリック)

〜この記事ここまで。Thank You!〜



大震災を経て、私が決意したこと
それは、「働く」ことの意味。
助けたい人がいる時に、助けることができる
そんな力をつけること。

今日も、明日も、明後日も、
あなたと、あなたの大切な人が
穏やかな時間を過ごせますように。

ありがとうございます。



WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 11:26│コメント(0)思い・考え方 | 庭・外構のプロとして

コメントする

名前
 
  絵文字