2019年04月29日

ナチュラルな外構と庭のデザイン・施工 ガーデンハーモニー(埼玉県)
植物と自然素材が大好き! 箕輪WAWAWA直明です。
ご訪問ありがとうございます!
−−−−−−−この記事ここから−−−−−−−

初回顔合わせで、お客さんとお話をしていて
木の話になると、多くの場合

「葉が落ちない木がイイです。」
・・・というご希望を聞きます。


ガーデンハーモニーのお客さんの場合
他の業者さんのお客さんよりは少ない・・・
と、あくまで予想で思っていますが

それでも、
年々増えきている感がありますね〜


ズバリ!言います。

それ、誤解です!
先入観を捨てませんか!!


葉が落ちない(・・・とされている)木を
「常緑樹」と呼びますね。

そして、葉が落ちる木を
「落葉樹」と分類します。

でもね、ヘンでしょ?
木は、プラスティック製ではありません。
生き物である限り、新陳代謝があります。

「葉が落ちない木」なんて
どう考えても、おかしいのです。

02はい、これは
4月18日に撮影した写真。

落ちた葉が
一面に散らばっています。





でも、この写真をよく見ると・・・
うっすらと緑色が残っている葉が
混じっていますよね。

ということは、この落ち葉は
落ちてから、まだ時間が経っていない
・・・ということです。


では、見上げてみましょう!

01はい、葉を落とした木は
こちらの木です。

代表的な常緑樹
クスノキさん。

ねっ!
落ちてるでしょ!!


厳密な話は抜きに書きますが
常緑樹の葉は、ちょうど今の時期
バラバラバラ〜っと葉を落とします。

新芽が吹き、新しい葉が開き始めると
古い葉っぱを落とすんです。

03フェンス沿いには
落ち葉がこんなに・・・
溜まっています。



こんなに落ち葉が溜まっていれば
落葉樹なら、もう悪者扱いされてますよ!
先入観って、ホントこわいと思います。


04ちなみに、
その隣のゾーンにあった
若葉の美しい落葉樹さん







足元を見ると・・・

05落ちてな〜い!

何枚か落ちているのは
風に飛ばされてきた
クスノキさんの葉っぱ。

ボクだけが犯人じゃな〜い!



クスノキさんは分かりやすいので
他の木も見てみましょう。

06あちぃ〜
写真ばかり撮ってないで
日陰に行きませんかぁ〜







ということで、次は日陰に行って
(4月22日撮影)

08まだ緑色が残った葉
たくさん落ちていますね。




07こちらも代表的な常緑樹
シラカシの足元です。




ねっ!落ちてるでしょ!!

先入観、固定概念・・・って
恐いな〜と思います。

大切なのは、「観察」です。
大切なのは、「気づき」です。
大切なのは、「周りに流されないこと」です。


もちろん、分かってますよ。

科学的な正しい情報を示しても
近所付き合いは「そういうんじゃない!」
・・・ということも。

中には、
とんでもなく酷い庭があることも。

おいおい・・・っていう
非常識な家があることも。


プロについてもそう。

全体のゾーニング、細かな配置、樹種の選択
・・・等々、いろいろ対策は必要です。

そこをご提案できて、明確に説明できなければ
そんなの、プロとは呼べません。

こういった小さな積み重ねを
おろそかにしちゃ、いけないんですよ。


でもね、やっぱり
お隣の木の葉っぱが、何枚か落ちただけで
目くじら立てるような・・・社会、世相というのは

息苦しい。
悲しいな、さみしいな・・・って思います。


多様な落葉樹の魅力を、存分に楽しめる・・・
そんな環境がある、日本という国で
落葉樹の立場が弱くなっていること

もったいないです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「ブログ村」「ブログランキング」に参加中

応援投票お願いします!(各1回クリック)

〜この記事ここまで。Thank You!〜



大震災を経て、私が決意したこと
それは、「働く」ことの意味。
助けたい人がいる時に、助けることができる
そんな力をつけること。

今日も、明日も、明後日も、
あなたと、あなたの大切な人が
穏やかな時間を過ごせますように。

ありがとうございます。



WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 19:48│コメント(0)庭・外構のプロとして | 植物・木の視察・季節・自然の素晴らしさ

コメントする

名前
 
  絵文字